自由面会交流違憲訴訟 提訴時記事まとめ

2020年11月11日、作花弁護士・大村弁護士を含む原告団により、新たな国賠訴訟が提訴されました。発表時の記事はこちら

自由面会交流 違憲訴訟 公式サイト
別居親も子も自由に会える社会に!
『自由面会交流権訴訟/東京新聞に訴訟を取り上げた記事が掲載されます』
私が担当させていただく予定の,自由面会交流権訴訟は,11月11日付で東京地裁への提訴が予定されています。同訴訟では,「親と子,祖父母と孫の面会交流権は,それぞ…
『自由面会交流権訴訟/東京新聞で訴訟を取り上げていただきました』
私が担当させていただく,自由面会交流権訴訟について,令和2年11月3日付東京新聞で記事として取り上げていただきました。自由面会交流権訴訟は,親と子,祖父母と孫…
『自由面会交流権訴訟/「東京新聞で訴訟を取り上げていただきました」の記事がランキングに入りました』
先日お送りした「自由面会交流権訴訟/東京新聞で訴訟を取り上げていただきました」の記事が,アメーバブログのランキングに入りました。以下でご覧いただけます。   …
『自由面会交流権訴訟/提訴しました&フジテレビ「バイキング」で取り上げられます』
私が担当させていただく自由面会交流権訴訟につきましては,令和2年11月11日に東京地裁に提訴を無事に行うことができました。すでに予想を超える大きな反響と報道を…
裁判傍聴記録 2020.11.11|弁護士古賀礼子|note
ただいま7時のNHKニュース待ち 本日は,午前中から,作花先生の単独親権違憲訴訟の期日を傍聴した 離婚後に子が両親と時間を過ごせるように | 作花共同親権訴訟 次回期日(結審):2020年11月11日(水)AM11時~ 東京地裁526法廷. 離婚後に子供が両親と時間を過ごせるように ww...

メディア記事

面会交流の法整備求め離婚、別居した親、子、祖父母らが国家賠償提訴へ|東京新聞 特報Web
(2020年11月2日 東京新聞に掲載)  離婚などによって別居することになった親と子の面会交流が、当初の取り決め通り果たされないケースが後を絶たない。民法に実行させる規定がないためで、面会を拒否され子と会えなくなった別居親たちが、法の整備を怠った国の責任を問うため今月、国家賠償を求める訴えを東京地裁に起こす。親子...
「離婚後の面会交流」法整備求め子らが提訴
【NHK】親が離婚した後に離れて暮らす親と会えなくなったのは国が「面会交流」についての法整備を怠っているためだとして、面会交流がで…
「離婚後の面会交流」法整備求め子らが提訴|雷鳥風月|note
本日東京地裁で提訴された“自由面会交流訴訟”が各方面で話題となっています。現時点(2020年11月11日22時)での報道をまとめました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー NHKニュース 「離婚後の面会交流」法整備求め子らが提訴 | NHKニュース 【NHK...

translated into English

作花知志弁護士の 国賠裁判傍聴と新たな提訴の記者会見|牧野 佐千子(まきの・さちこ)|note
作花知志弁護士が代理人となっている「離婚後単独親権違憲訴訟」、本日結審でした。次回、判決は、年明け2月17日午後1時15分から。 国側が、「反論の機会が欲しい。。」とまだ係争を引き延ばそうとしていましたが、裁判長は「(一体)どこにそんなに時間がかかりますか?」として、合議で検討の末、国側の要望を採用せず結審。 裁判...
別居親子の面会困難「人権侵害」 子どもらが国提訴、法整備求める(共同通信) - Yahoo!ニュース
 離婚などで別居した親子らの面会交流について、法の不備で不自由を強いられ、憲法が保障する基本的人権を侵害されたとして、10~20代の子ども3人を含む男女17人が11日、国に1人10万円の損害賠償を求
別居親との「面会交流権」制定を 子が初の原告、国を提訴 東京地裁 - 毎日新聞
 離婚や別居によって親に会えなくなったのは、国が親子の面会交流権を定める立法を怠ったからだとして、父母の別居時に未成年だった子3人が11日、1人当たり10万円の国家賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。代理人によると、父母が原告となる同種訴訟はこれまでもあったが、子が原告になるのは初めてという。
別居の親子いつ会える 離婚後の面会交流「不十分」提訴:朝日新聞デジタル
 離婚などで別居した子どもと親らが定期的に会える「面会交流の制度」が不十分だとして、男女17人が11日、国に計170万円の賠償を求めて東京地裁に提訴した。子どもと会えなくなった親による同様の訴えは過去…
https://www.yomiuri.co.jp/national/20201111-OYT1T50205/
別居親子の面会困難「人権侵害」
 離婚などで別居した親子らの面会交流について、法の不備で不自由を強いられ、憲法が保障する基本的人権を侵害されたとして、10〜20代の子ども3人を含む男女17人が11日、国に1人10万円の損害賠償を求め

translated into English

神戸新聞NEXT|全国海外|社会|別居親子の面会困難「人権侵害」
面会交流のルールを法制化しない国を子や親族が訴えた!【「表と裏」の法律知識】(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース
【「表と裏」の法律知識】#64  親が離婚した後に、離れ離れになった親と会えないのは国が法整備を怠ったからだと、面会交流ができなかった子どもやその親族が国を訴えました。  親権者をどちらにするか

茨城新聞様 2020年11月16日論説 離婚と面会交流 子の権利、より重視を(転載

離婚と面会交流 子の権利、より重視を - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate
大分合同新聞プレミアムオンライン「Gate」では、大分県内ニュースを中心に速報、イベント情報や世界の主要報道などを掲載しています。

 

タイトルとURLをコピーしました