米ワシントン・ポスト紙が日本の離婚問題について記事化

news

アメリカのワシントン・ポスト紙から、日本の離婚問題:片親疎外、子どもの権利、連れ去り問題、共同親権等に関わる記事が公開されました。
作花弁護士が取材を受けられており、本訴訟についても記載があります。

「In Japan, divorce can mean losing access to children. Many parents want that to change.」By Simon Denyer and Akiko Kashiwagi
「日本では離婚は子どもとの交流を失うことを意味する.多くの親達がそれを変えることを望んでいる.」

In Japan, divorce can mean losing access to children. Many parents want that to change.
The nation’s court system doesn’t recognize the concept of joint custody, leaving some divorced parents unable to visit or contact their children for years.
『ワシントン・ポストで「自由面会交流権訴訟」などについて取り上げていただきました』
私が担当させていただく予定の「自由面会交流権訴訟」など,いわゆる「親子の法律問題」についての一連の憲法裁判について,アメリカの新聞社「ワシントン・ポスト」で,…
『ワシントン・ポストから取材を受けました』
作花弁護士が担当させていただいている①離婚後単独親権違憲訴訟と②子の連れ去り違憲訴訟,さらには11月に提訴が予定されている③自由面会交流権訴訟の3つの「親子関…

以下、DeepLによる自動翻訳です。正しくは上記記事を参照ください。

東京 – 夫の複数の浮気に嫌気したIzumiさんは、そろそろ別居を決意し、3人の幼い子供を連れて行く計画を立てました。
しかし、夫は一歩先を行っていた。夫は子供たちを連れて行くことを阻止し、離婚後も子供たちに会うことを拒否したのだ。
それが3年前のことだった。子供たちの身元を守るために姓を伏せてほしいと頼んだIzumiさんは、それ以来、子供たちとは会っていない。
Izumiさんによると、1ヶ月も経たないうちに、子供たちは “ママが嫌いだ “と “ママが嫌い “と言うようになったと言います

しかし、彼女が裁判所に訴えたところ、何千人もの日本の親にとってあまりにも馴染み深い回答が返ってきた。子供たちは元配偶者と同居しており、面会は子供たちと新しい家庭に迷惑をかけるだけだ、と裁判官は父親に親権を譲る前に言った。Izumiさんは月に一度、写真を送られてくることで何とかしなければならないだろう。
日本は先進国の中でも珍しく、共同親権という概念を認めていない。片方の親に単独親権を与える習慣があるため、何十万人もの母親と父親が子供に会うための潜在的な障壁に直面し、子供たちが成長するにつれて両親の両方に会う権利を否定されていると弁護士は言う。

子どもの権利
しかし今、国際的な圧力と日本国内での法的努力が相まって、日本の親権法の再検討がもたらされる可能性がある。
権利関係の事件を扱ってきた弁護士の作花知志氏は、子どもには両方の親と面会する基本的な権利があるという世間の認識が高まっているという。
“法律は親の問題は見ても、子どもの基本的権利の問題は見ない傾向がある “と話す。

作花弁護士は、親が子供に会う基本的人権を日本国憲法の下で持っていること、親が子供と一緒に出て行くことを防ぐ法律がないことは子供の権利の違憲侵害であること、そして裁判所は親の面会権を執行すべきであることを主張して、3つの「絡み合った」事件を裁判所に提訴している。
いずれも段階は異なるが、最初のケースでは11月に判決が出る見込みだ。

日本の裁判所は、「継続性の原則」として知られているものに基づいて運営されており、訴訟になった場合、ほとんどの場合、子供の物理的な支配権を持っている人に単独の親権を与える。
これは、子どもを家庭の「所有物」と見なし、裁判所が家庭を乱すべきではないという日本の一般的な考えを反映している。これはまた、日本の保守的な体制がいまだにしがみついている考え方でもある。

実際には、子供の親権を求めている親は、子供を連れて新しい場所に逃亡し、もう一方の親の面会を拒否する必要があるだけである。裁判所はほとんどの場合、「誘拐犯」に単独の親権を与えることで報いを与える。

日本の裁判所には面会権を行使する特定の法的権利がないため、事実上、親権者である親の裁量に委ねられている。

ヨーロッパからの挑戦
この問題は、日本人の妻が子供を連れて家出し、子供に会う権利を否定された外国人の父親たちが何年も前から抗議してきたことから、メディアや世間では長い間関連付けられてきました。

今、日本の男性の中には、自分の子供を見る権利を主張して名乗り出ている人もいます。Izumiさんのような日本人女性もそうだ。

日本の法務省は、現在の親権規定は子供の最善の利益のために設計されていると主張している。結婚生活が破綻した場合、片親に育てられた方が子供にとって不安が少ないからだという。

日本以外の国でも課題は山積している。フランス人とイタリア人の父親によるキャンペーンもまた、日本の法律を見直すように大きな圧力をかけている。

Vincent Fichot氏とTommaso Perina氏のロビー活動をきっかけに、欧州連合(EU)が行動を起こすようになった。EUの26人の大使は2018年に共同書簡を書き、国連の「子どもの権利条約」を引き合いに出して、子どもには両方の親と面会する権利があるべきだと主張した。そのメッセージは、7月の欧州議会の決議で力強く強調された。

今、欧州の国会議員たちは、双方が国際人権条約の尊重を約束する平行協定の下で、2019年の対日貿易取引をこの問題と結びつけるようEUに圧力をかけている。

“日本の国会で変化を求める声をリードしてきた野党議員の串田誠一氏は、「外国からの圧力はますます重要になってきている」と語った。”我々の提案に対する国民の支持は、我々が望むほどにはまだ強くないので、我々が立ちはだかってきた壁は厚い」。

安倍晋三元首相の下、政府は親権をめぐる法的問題を調査するためのパネルを設置し、他の24カ国の制度を調査した。

同委員会には法案を提出する権限はないが、串田氏は先月、2度目の法相に任命された上川陽子法相が法改正を後押しすることに「大きな期待を寄せている」とも語っている。

上川氏は、国会議員713人のうち90人の議員が共同拘置を求めるロビー活動を行っているグループの副議長を務めていた。

“上川氏は就任直後の読売新聞の取材に対し、「子どもの利益を最大限に考慮することが重要だ」と語った。”それは世界の流れに沿ったものであり、今後も議論を続けていきたい」と語った。

以前の数十年は、男性は長時間働き、女性が子供の世話をしていました。裁判所は約90%のケースで女性に親権を与えていた。今日では、離婚後に親権を求める日本の男性が増え、子供との面会を拒否される女性が増えている。

先月行われた記者会見では、23人の母親と1人の祖母(オーストラリア人女性を含む)が、子供との面会を拒否されたという悲痛な体験談を語った。

Izumiさんは、子どもたちの学校は支援を拒否し、子どもたちのための公的なヘルプデスクは、身体的虐待の証拠がないと言って介入を拒否したと述べた。

“今日、夫は2ヶ月に1回しか写真を送ってこない。それすらも子供の幸福に反すると言っています。でも、『子供の幸せ』ってなんだろう?誰に頼っていいのかわからない。

タイトルとURLをコピーしました