東京新聞様9月27日朝刊に本訴訟が掲載

media

東京新聞様、2020年9月27日(日)の朝刊に、
20面、21面、と2面にわたって本訴訟の記事を掲載いただきました。

記事の最後には以下のように述べられています。詳細は紙面を参照ください。

離婚後、夫婦は他人となるが、親子関係はなくならない。この分かりにくい関係を子どもに分かってもらう夫婦の「最後の共同作業」をする前に、まず子どもの身柄をおさえるという「連れ去り」は、やはり解せない。単独親権制度によってそれが起きるなら、すぐに変えるべきだ。

2020年10月5日琉球新報様にも同様の内容が掲載されたようです。

東京新聞様 特報Webでも記事が公開されました。

https://tokuho.tokyo-np.co.jp/n/n649a2ebc2c98
『子の連れ去り違憲訴訟/東京新聞で訴訟の特集記事が掲載されました』
作花弁護士が弁護士の1人を務めさせていただいている,東京地裁に係属している「子の連れ去り違憲訴訟」について,地元の東京新聞で,2面に渡り,大きな特集記事を掲載…
タイトルとURLをコピーしました