子の連れ去り違憲訴訟

2020年2月26日(水) 東京地裁にて提訴および記者会見

メディアの方向け, データダウンロードはこちら (Download data)
原告体験記はこちら (Experience notes of plaintiffs)
訴状はこちら (現在は未公開)
お問い合わせはこちら (Contact us)

概要 Summary

「子の連れ去り」とは
片方の親が、他方の親の同意を得ず、子の居住地を変えて、子を会わせないことです。
本訴訟の目的
「連れ去り」を防止する日本国内法が存在せず、立法することを求めます。
立法不作為の違憲訴訟になります。
なぜ防止する必要があるか
「先に連れ去る行為」が日本で横行しており、親子の断絶が頻発しています。
DVなど無い、普通の仲の良い親子が引き離され、触れ合う機会を奪われるのです。
海外では
国内法により連れ去り行為は処罰されます。
また国際法により防止されており、日本は批准しているにも関わらず、守っていません。
本訴訟 スローガン
やめて!子の連れ去り!
子どもがパパ・ママからも引き離されず,愛されて成長できる日本へ
子の連れ去り防止法をつくろう
Ending parental abduction of Japanese children
詳細は訴訟内容のページを参照ください。

弁護士 Lawyers

作花法律事務所
弁護士 作花知志
弁護士作花知志のブログ
2004年弁護士登録。2012年作花法律事務所開設。最高裁判所大法廷平成27年12月16日判決で違憲判決が出された女性の再婚禁止期間違憲訴訟を担当した。所属委員会:日弁連国際人権問題委員会など。
神奈川法律事務所
弁護士 大村珠代

原告 Plaintiffs

原告は男女14人、外国籍の方もいます。
第2次の集団訴訟も検討中ですので、原告参加希望の方は弁護士か原告にご連絡ください。
また、連れ去られた子どもの立場の方の、ご意見をお待ちしております。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ (Contact us)
E-mail child.abduction.jp@gmail.com
Twitter @tsuresariNG2020
Facebook StopPCAinJapan
Instagram lianrequrijinzhi

公式Twitter (関連情報をRetweetしますのでフォローください)

タイトルとURLをコピーしました